偏奇館跡

港区にある神社・仏閣、美術館、映画館・アミューズメント施設などの観光スポットをご紹介!

偏奇館跡

エリア:六本木・麻布十番・広尾・六本木一丁目 /  ジャンル: 記念碑・モニュメント その他 文学 港区指定文化財

作家永井荷風が大正9年(1920)から昭和20年の空襲で焼けるまで25年間住んだ所。偏屈な変わり者を自認し、ペンキ塗り木造2階建ての洋館をもじって偏奇館と命名しました。江戸情緒を懐かしみ、「すみだ川」「日和下駄」などの作品を残しましLた。明治43年、31歳の時、森鴎外(もりおうがい)の推薦で慶應義塾大学の教授となり、「三田文学」を創刊、主宰しました。昭和20年3月10日の東京大空襲で焼失してしまいました。

所在地六本木1−6−1  いずみ通り側

近くのスポット

もっと見る

関連コンテンツ

ショッピングスポット検索

検索

おすすめコンテンツ

  • 3000円の小さな旅
  • 芸能人のお店特集
  • ハンバーガー特集
  • バル特集
  • インタビュー ドン小西さん

探す