看護婦教育所発祥の地

港区にある神社・仏閣、美術館、映画館・アミューズメント施設などの観光スポットをご紹介!

看護婦教育所発祥の地

エリア:浜松町・大門・御成門・竹芝・日の出 /  ジャンル: 記念碑・モニュメント その他 新機軸 港区指定文化財

わが国の看護婦教育は、東京慈恵会医科大学の創立者高木兼寛が、ナイチンゲール看護婦養成所を範とした看護婦教育所を有志共立東京病院(現在の慈恵会医科大学附属病院の前身)に付置し、明治17年(1884)アメリカ合衆国から看護婦M.E.リード女史を招き、看護婦取締りに任じ、金曜日と土曜日に看護教育を行わせたことに始まります。ここは、医療を支え、その最前線で活躍する看護婦の育成が始めて行われた場所であり、現在も引き続き行われている場所であることは意義深い。

所在地西新橋3-25-8

近くのスポット

もっと見る

関連コンテンツ

おすすめコンテンツ

  • 3000円の小さな旅
  • 芸能人のお店特集
  • ハンバーガー特集
  • バル特集
  • インタビュー ドン小西さん

探す