杉田玄白の墓/栄閑院

港区にある神社・仏閣、美術館、映画館・アミューズメント施設などの観光スポットをご紹介!

杉田玄白の墓/栄閑院

エリア: /  ジャンル: 神社・仏閣 その他 都指定文化財

通称猿寺と呼ばれる同寺に、杉田玄白の墓があります。杉田玄白(1733〜1817)は江戸中期のオランダ外科医で、蘭学の祖。中川淳庵、桂川甫周、前野良沢と4年の歳月をかけオランダの解剖書を翻訳し、「解体新書」を刊行しました。その時の苦心の思い出を文化12年(1815)83歳の時「蘭学事始」に書いています。栄閑院は、通称『猿寺』と呼ばれ、寛永の頃(1624〜1643)、猿回しに扮した泥棒が寺に逃げ込み、住職に改心させられ猿を置いて諸国行脚に旅立ち、人に慣れた猿は寺の人気者になったことに由来します。

所在地虎ノ門3-10-10

近くのスポット

もっと見る

関連コンテンツ

ショッピングスポット検索

検索

おすすめコンテンツ

  • 3000円の小さな旅
  • 芸能人のお店特集
  • ハンバーガー特集
  • バル特集
  • インタビュー ドン小西さん

探す